TOPICS
 

■ 米国『査証免除プログラム改定』について

 

2016年01月21日より、ビザ免除プログラム参加国の国籍で2011年03月01日以降にイラン・イラク・スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある方及び、イラン・イラク・スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者は、ビザ免除プログラムを利用して渡米することはできなくなりました。


また、現在有効なESTA渡航認証を保有している方のうち、上記4カ国のいずれかの国籍を有する二重国籍者のESTA渡航認証は、2016年01月21日より取り消されることになりました。


該当する方が渡米する場合は、米国大使館・領事館から発給された有効な非移民ビザを使用して渡米することが可能です。


詳細は下記、米国大使館ホームページをご覧下さい。


http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html#estachange2016


今後の情勢により状況が変わる場合がありますので、上記米国大使館ホームページ等にてご確認下さい。