海外旅行中の朝ごはん

海外旅行中の朝ごはん

日本国内の旅行では、旅館でいただく純和風の朝食や、ホテルの豪華バイキングも楽しみの一つです。
海外の朝食も盛りだくさん。お国柄が出ます。是非旅行中にその国ならではの朝ごはんを召し上がっていただきたいので、今回は、国別のおすすめ朝ごはんを少しですがご紹介したいと思います。

イギリス:イングリッシュ・ブレックファスト
イギリスのお料理には様々なご意見がありますが、イングリッシュ・ブレックファストの美味しさは有名です。「英国で美味しい食事をとりたければ朝食を三度とればいい」という言葉があるほどです。
メニューの内容は、薄切りのトースト、焼いたトマト、ベイクドビーンズ、カリカリベーコンやソーセージ、そして目玉焼きかスクランブルエッグなどの卵料理がつきます。シンプルに感じますが、紅茶とよく合う朝食で、B&Bの朝食で出されることが多いです。もし、B&Bに泊まるチャンスがありましたら、楽しみにして下さい。

中国:お粥
中国の朝食では、屋台や小さな路面店などのお粥、豆腐花などがおすすめです。
現地の方も、朝食は通勤途中に屋台などですますことが多いそうです。
お粥は、北京、上海、広州・・・それぞれ地域ごとに具材や味つけが異なります。具沢山のものもあれば、あわやひえ、緑豆のシンプルなお粥もあります。薬膳粥もおすすめです。そして、是非、地元の方のように、油条(細長い揚げパン)も一緒に試してみて下さい。

ベトナム:フォー
日本でも大人気、鶏ガラのシンプルなスープで、滑らかな食感のお米の麺のこのお料理は、朝食にピッタリです。ナンプラーやレモン、パクチー、唐辛子などで、自分好みの味付けにするのがポイントです。お砂糖を少し入れて、甘みをプラスしてもおいしく召し上がれます。

フランス:クロワッサンとカフェオレ
フランスの朝食は、「パンと温かい飲み物」というようなシンプルなのが特徴です。
素敵なパリジェンヌを真似して街角のカフェのオープンテラスで、行き交う人の流れをゆっくりと眺めながら、焼き立てのクロワッサンとカフェオレの朝食で一日を始めてみてはいかがでしょうか?
フランスは、パンがおいしい国です。クロワッサン以外にも、ベーカリーごとに一押しのパンがありますので、お気に入りのお店を見つけても良いですね。

一日の始まりの朝食は旅行中も大切です。
旅行中は、時差ボケや前日の疲れで朝がつらい・・・ということはよくありますが、せっかくの海外旅行です。頑張って朝からおいしいものを探しに出かけてみて下さい。今回はイギリス中国ベトナムフランスの4つの国だけの紹介でしたが、世界中には、国や地域ならではのおいしい朝食がまだまだたくさんありますので、是非、旅行前に渡航先の朝ごはん事情も調べてからおでかけ下さい。